トップ

歯科での治療費で控除を受ける

歯科での医療費控除

歯科治療は医療費控除の対象です

医療費控除とは自分と家族が一年間で医療費を10万円以上支払った場合に対象となり申請手続きを確定申告時に税務署に申請する事によって一部の金額が戻ってくる事です。この控除申請に歯科の高額治療が適用されないと思っている方が多くいます。実際インプラントや矯正・審美治療は高額な為、保険適用外ではありますが、医療費控除の申請をすることによって支払った金額が多少なりと戻ってきます。またこの他にも歯科医院に通院する為の交通費(公共の乗り物のみ)も控除の適用になります。控除する為には治療費の領収書が必要になり、ローンでの治療費の支払いも対象となりますのでローンの契約書も忘れずに添付してください。

給料

歯科における医療費控除

医療費控除とは、自分や自分と生計にする妻や子ども、両親等の親族の為に医療費を支払った場合に一定の金額の所得控除を受けることが出来るものです。つまり、一部支払った医療費が戻ってくる可能性があるのです。ここでは、歯科治療に伴う医療費控除についてのご説明をします。歯科治療は保険のきかない自由診療などのほか、高価な材料を利用する治療もあることから、その治療費が高額になることも少なくありません。この場合、金歯やポーセレンと呼ばれるセラミック製の入れ歯は控除対象ですが、その他インプラント治療などと呼ばれる特殊な治療は控除対象とはなりません。また、子どもの成長を阻害しない目的で行う歯並び矯正などは控除対象となります。しかし、同じ矯正においても、例えば大人が自身の美容目的で行う矯正は控除耐用とはなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科での治療費で控除を受ける. All rights reserved.